着物の種類を学んで様々な場面で活用しよう

場面によって使い分けたい着物の種類

着物には外出用と普段着用、染と織の着物のような種類があります。
フォーマル用の着物は絹を素材として織り上げた白生地に柄づけをした染の着物が使われます。
結婚式やパーティーなどには第一礼装とされている黒留袖、色留袖、振袖を着用します。
振袖の中でも本振袖は花嫁のお色直しとしても使われます。
黒留袖は裾に模様があり背中、両後ろ袖、前胸元の5か所に家紋が入っています。
新郎新婦の母や仲人、既婚の親族が着用します。
色留袖は既婚、未婚の別なく着る事ができるものですが5つ紋をつける事で第一礼装と同じ格になります。
振袖は豪華な絵羽模様と長い袖が特徴ですが未婚女性の第一礼装として結婚式や成人式パーティーなどで着用できます。
袖の長さにより本振袖、中振袖、小振袖という種類にわけられます。
訪問着や付け下げはお祝い事など華やかな場に着ていく事ができます。
訪問着は絵羽という柄づけがされており華やかな場にふさわしいもので結婚式やお宮参り、入学式、七五三などに着用します。
付け下げは訪問着より格が下がるものですが最近では訪問着と同格の華やかなものからシンプルなものまで種類があります。
一色でそめ上げられいる無地の着物は1つ紋をつけておくと礼装用にも着用でき、紋のついていない無地は街着として着用もできるので便利です。
好みの色で作っておくと良いです。
普段着として着る着物は種類がたくさんあります。
一般的には小紋といわれる柄づけをしたものが多く使われますが、糸をそめてから織りあげる紬や木綿、デニムなど多種類あります。
小紋の中でも一般的に柄づけされたものと遠目にみると無地に見える江戸小紋、華やかな友禅小紋があります。
友禅小紋や紋を付けた江戸小紋はフォーマルにも着用できるものです。
木綿やデニムは袷仕立てにすると着にくい事や手入れがしにくい事から単衣仕立てにする事が多いです。
夏以外の3シーズン着用できます。
浴衣は花火やお祭りに着る事が多く夏の風物詩でもありますが最近は食事などへも着ていくことができる絞りなどの高級なものもあります。
浴衣は素足で着ますが絞りなど高級なものは襦袢と足袋、草履着用で着物風にも着る事ができます。
紬は趣味の着物として街着や旅行など気軽に着る事ができます。
代表的な大島紬や結城紬は伝統のある織物で職人の手仕事により織られているものです。
高価なものですが祖母、母、娘の3世代まで着る事が出来ます。
知名度も高く愛好家が多いです。

そんな着物ですが、最近ではより安く購入しようと中古の着物がブームになっており、それに伴って買取価格が高騰しています。
もしも使っていない着物がタンスの肥やしになっていたり、新しい着物に買い替えたいと思っている場合はこちらの着物買取ランキングを参考にすると、どの買取店で売ればよいか分かると思います。
是非参考にしてくださいね。